【送料無料】駿河の竹千筋細工の趣のある行燈。1本1本の竹ひごからほのかな明るい灯りが心をほっと癒してくれます。職人の手仕事の繊細さが伝わってきます。
地球に優しい雑貨屋さん■ロハスマルシェ■
 HOME >  静岡県 駿河竹千筋細工  風鈴  
 
静岡県 竹千筋細工 行燈  竹の強さと繊細さを生かした先人の知恵  

静岡県は温暖な気候で海、山の自然環境に恵まれ、交通の便も発達していました。
江戸時代初期(1605年)徳川家康公が将軍職を退き駿府を居城としたことで、学者、商人が移り住み一大地域文化を築き、『駿河は職人の町』と言われました。
静岡の竹細工は、江戸時代藩士の狩猟や旅行の際使用していた藤編笠(当時は藤の原料が非常に高価だったため)を竹で代用し改良製作しました。徳川家康が駿府城に入ると大好きな鷹狩りをするための餌箱を鷹匠同心達に作らせたのが現在の駿河竹千筋細工の始まりだといわれています。

駿河竹千筋細工は、「竹の編みこみ」ではなく、”丸ひご”と丸ひごを通す穴の開いた”支え”を用いる独特の工芸です。
支えの穴の角度を微妙に変え、丸ひごを穴に通し組み立てる「指物」的要素の技です。 竹の美しさ、強さ、やわらかさを極限まで引き出し、「手仕事の極致」といえます。 仕上がったものはどれも竹の素の美しさにあふれています。

 

駿河 竹千筋細工

 

涼しげな竹とほのかな明かりがお部屋の温かさを演出してくれます。

 
駿河の国(静岡県)は隠居した家康が駿府を居城にしたことで、学者、大商人が移り住み一大地域文化を築きました。
物づくりの面でも駿河物(駿河指物、駿河竹細工)は街道の人気を博し「駿河は職人の町」とも言われ”親孝行駿河だいいち竹細工”と唄われます。

 
駿河 竹千筋細工
駿河 竹細工 
 
●和紙ではなく、変色しにくく、また破れにくい、行灯専門紙を使っています。
●調光器が付いていますので、枕元に置いて本を読んだり、お休みの時には、弱くしたりとご利用いただけます。
●取ッ手が付いていて、また竹製品は軽いのでお掃除など持ち運びが便利ですよ。
●電球の交換は、取っ手が倒れますので、上から簡単にできます。 
 
細い竹ひごを何本も指しては美しい曲線を描いていきます。独特の曲線は穏やかさを与えてくれます。
 
 
駿河竹千筋細工の歴史
 
静岡・府中を流れる安倍川、その支流藁科川の流域は、昔からの良質の若竹、淡竹を産してきました。弥生時代の登呂遺跡から、ザルやカゴが出土され、この地では古くから竹製品が生活用具として定着していたことが伺われます。(元和1615〜)には、精巧な籠枕が東海道を行く参勤交代の諸大名に人気を博し、寛永年間(1624〜)には、城下草深に住む鷹匠同心により編み笠や鈴虫籠が作られるようになり、この頃より「孝行をするが第一、竹細工」の雑俳が作られるほど、駿河竹細工の名声は広がったと、文献に記されています。  
 
駿河竹千筋細工のお手入れ方法  
  • ちり、ほこりは柔らかな刷毛で、よごれは充分にしぼったふきん等で軽く拭いて下さい。
  • 水、湯の中などでお洗いになることは禁物です。
  • 風通しの良い、乾燥した場所でご使用いただきますと、竹特有のわび、さびの風合い、艶やかな色あいが増してまいります。
 
駿河 竹千筋細工
商品名:駿河竹千筋細工 行燈
商品番号:wa-25

サイズ: 幅18.5×奥行18.5×高さ36cm
製造:竹工房 はなぶさ
素材、竹、ウレタン塗装
備考:化粧箱入り

定価:19,440円 



 
 
   
   
   
 
Copyright c LOHAS marche. All Rights Reserved.